「小満」あなたは少し満足よいですか?大きな満足へ勢いを増していきたいですか?

道を歩いていると、草木が生い茂り、緑が濃くなってきました。桜やつつじ、藤は終わり、芍薬や杜若、紫陽花の花がみられるようになってきました。

そんな、天地に草木が満ちていく様をあらわす「小満」は、梅雨入り前の過ごしやすい時期です。陽の氣に満ちている時期ですが、この時期には秋にまいた麦の穂が実る時期でもあり、農家の皆さんが無事に麦の穂がついたことを見てほっとすることから、少し満足するといういみで小満といわれるようになったという説もあります。

明るい方に向かっていくべく、目をそらさずに、すべてをくっきりはっきり見つめ、進むべき方向に舵をきってきた皆さんは、少しほっとして一息つけた心地に包まれていると思います。

行楽日和でもありますので、ぜひリフレッシュにでかけ、今年の自分のここまでを振り返り、自分に少し満足できているかな?と確認する時間を持ってみることをおススメします。
日々忙しく、せわしない気持ちになり、あれもこれもと何かと追われがちになる雷の今年ですが、だからこそこの時期は一旦立ち止まり、自分のここまでを振り返って満足度に向き合ってみましょう。
リフレッシュandチャージをしっかりとした上で、梅雨の前に今年の後半に向けての未来をもう一度描きなおし補足すると、雷の勢いに負けないスピード感で夏を乗り切って行けるでしょう。

反対に、ここまでの自分が今一つどころかまったく満足できないというあなたは、動くことができていないからかもしれません。雷の年は考えている暇があったら動く!くらいのクイックandスピーディーな氣に満ちています。この時期は蚕が桑の葉を食む勢いもぐんと増す時期です。お蚕さんのように、ぐんぐんと自分の心身にスタミナをつけて、自分の成長に向けて動いてきましょう。普段いかないようなところに赴き、あまり触れあわないような人と話して、刺激をもらうのもおススメです。自分自身をふるわせて刺激しましょう。仕事ばかりだった人は、気の置けない友人や家族と過ごす時間とり、楽しいひと時を過ごすこともおススメです。

小さな満足だけで終わってしまわないように、大きな満足に繋げていくためのこの時期、リフレッシュandチャージで勢いを増していきましょう。